オランダ代表のホームスタジアム


オランダ代表のホームスタジアムは3つあり、アムステルダム・アレナ、フィリップス・スタディオン、フェイエノールト・スタディオンです。今日はそれぞれに紹介します。

アムステルダム・アレナは、オランダの首都のアムステルダムに位置し、太陽光電池パネルを使用した開閉式屋根を備えたドーム型スタジアムです。サッカーエールディヴィジのアヤックスのホームスタジアムです。2億200万ギルダーを費やして建てられ、長さが105m、広さが 68 m、グラウンドは天然芝を採用しました。 収容人数は53,502人で、1996年4月14日に開場しました。このスタジアムの1階に駐車場を設置し、2階には食事などのできる場所が配置して、3階がグラウンドとなっています。多くの試合はここで開催しました。


フィリップス・スタディオンは、オランダ、北ブラバント州、アイントホーフェンにあるサッカースタジアムです。名前の通りで、「フィリップス」はオランダの大手電機メーカーフィリップスを指します。実は、フィリップス・スタディオンがフィリップスが所有するPSVアイントホーフェンのホームスタジアムである。収容人数は36,500人のサッカー専用スタジアムです。ピッチサイズは105 x 68 mです。2000年において欧州選手権の会場を選べたため、改装がなされ、収容人数が増えました。

スタディオン・フェイエノールトは、オランダのロッテルダム南地区に位置するサッカースタジアムです。スタジアムの外見から愛称のDe Kuip(デ・カイプ、日本語で「桶」)の名前で知られていました。

このスタジアムは1935年に起工し、1937年7月に開場し、1994年には再度拡張して、今まで、長い歴史を持っています。他の主な大会としては2000年のEURO 2000の決勝戦の会場、2002年のUEFAカップの決勝戦の会場として使用されていました。

人気商品

オレンジ軍団