オレンジ軍団


オランダ代表はオレンジ軍団の愛称を呼ばれた。ユニフォームは常にオレンジカラーを採用していた為である。

代表チームのサッカーユニフォームは常に国旗のカラーと同じだ。だが、オランダ代表がそうではない。オランダの国旗は水平三色旗、カラーはレッド、ホワイト、ブルーを使用された。レッドは独立の戦いに臨んだ国民の勇気を表現し、ホワイトは神の祝福を願い、ブルーは祖国への変わらぬ忠誠心を表していた。しかしながら、オランダ代表のユニフォームはオレンジを採用して、人たちはオランダ代表が日本代表、ドイツ代表、イタリア代表と同じく国旗と異なるオレンジ色を採用していると認められた。本当ですか?

実は、スペインの植民地であったオランダはオレンジ・白・青の三色旗が使用したことがあるんだ。

オレンジ・白・青の三色旗が15世紀末に使用した。この旗が八十年戦争でも使用された。1630年以降はオレンジが赤に置き換えられてきた。オレンジは薄いため海上で識別しにくいの原因である。1813年の時にはオレンジの三色旗と、赤の三色旗の両方が使われた。だが、1937年2月19日にウィルヘルミナ女王により、赤・白・青の三色旗が正式に国旗と制定された。

それに、オランダ代表歴代ホームユニフォームはオレンジを採用していた。ホームキットを見ると、全身オレンジ。以前は旧国旗カラーを反映した。ユニフォームサプライヤーは1990年までアディダス、1992年からロット。そして1997年以降はナイキがテクニカルスポンサー契約を結んだ。

人気商品

オレンジ軍団