ロマンチックなオランダについて


オランダは、西ヨーロッパに位置する立憲君主国で、首都はアムステルダムです。東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面します。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれます。


オランダの気候は暖流の北大西洋海流の影響を受けて、高い緯度ながら温暖な西岸海洋性気候が広がります。季節による降水量の偏りはあまりなく、50mmから80mmの降水が毎月見られました。だから、水が豊富な国なのだと認められました。水という自然の脅威を克服したオランダ人は、今では自然と調和しながら暮らしています。「世界は神が造り、オランダはオランダ人が造った」と言われました。多くの観光客が集まり、経済も繁栄してきます。

首都のアムステルダムは、16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在、アムステルダムはオランダ最大の都市で、人口が約820,000人に至っています。商業および観光が盛んな世界都市です。アムステルダムは世界遺産にも登録されています。運河と花に囲まれたオランダのアムステルダムは夕暮れ時に最も美しいです。水面に映るアステルダムの夜景も素晴らしいです。水と共生する街、アムステルダムの運河クルーズ、風車などのツアーはとても人気があります。

人気商品

オレンジ軍団