匿名

ブログ

フランク・ライカールト

フランク・ライカールトはオランダトリオ(1988年から1990年代前半のイタリア・ACミランの黄金時代を支えたオランダ人選手)の一つである。ライカールトは1962年9月30日にオランダ・アムステルダム出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手の時、ポジションは主にミッドフィールダー(MF/DF)、利き足は右足。

小さいな頃から背が高く、運動能力を持ち、7歳頃、父のすすめで、地元のアムステルダム・スポーツクラブの下部組織に入団した。彼のサッカー生涯を初めた。

選手時代には、オランダ年間最優秀選手賞(1985,1987)、セリエA最優秀外国人選手賞(1992)、グエリン・スポルティヴォ年間最優秀選手賞(1992)、ワールドサッカー選定 20世紀の偉大なサッカー選手100人54位(1999)を受賞した。監督時代、ドン・バロン・アワード最優秀監督賞(2004-05)、2005-06UEFAクラブ・フットボール・アワード最優秀監督賞 、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー最優秀監督賞 (2006)、国際サッカー歴史統計連盟 世界最優秀監督賞 (2006) 、オンズドール 最優秀監督賞 (2006) を受けた。  フランク・ライカールトは選手にせよ、監督にせよ、卓越な成績をえり、サッカー界に巨大な貢献をした。

人気商品